BRM2013‎ > ‎BRM1005定峰200‎ > ‎

BRM1005定峰200 インフォメーション

BRM1005定峰200 インフォメーション

2013年10月5日開催 BRM1005東京200km定峰(通称:秋の定峰200)
以下の案内は、BRM414定峰200をベースにしています。
一部修正漏れがあった場合はご容赦願います。

BRM1005東京200km定峰
多摩川沿いのご近所ブルベ

多摩川左岸18km付近(東京都世田谷区玉川)をスタート地点とする都市型ブルベ。
郊外をスタート・ゴール地点とすると早朝から自走や輪行・車載で出かける必要があります。
早朝から自走でスタート地点まで延々と走るなら、比較的自宅から近いところからすぐにスタートしてもいいじゃないか、というのがコンセプト。
概ね15km圏内ぐらいにお住まいのブルベ初心者の方をターゲットとしています。
遠方からのご参加も歓迎しますが、スタート地点には車などの乗り入れはできませんので荷物預かりなどのサービスは原則行えません。
最寄り駅のコインロッカーなどをご利用下さい。(特殊な事情がある方、また輪行では集合に間に合わない方は事前にご相談下さい)

目次のリンクが春の定峰になっていたようです。(2013/9/29 13:13修正)
キューシートはこのページの一番下に公開されています。
以前の目次からダイレクトにリンクで飛んだ場合413の古いキューシートの可能性があります。
印刷後ヘッダーの表示でBRM1005用であることをご確認下さい。
  • 日時 2013年10月5日(土曜日)
  • スタート時間 5:30 / 6:30 (スタートは2組:エントリーしたスタート時間の変更は出来ません)
  • スタート場所 二子玉川・兵庫島公園付近
  • ゴール場所  世田谷区鎌田付近のコンビニ(ファミリーマート天神森橋店)
  • ゴール受付  同上 ゴール近くのファミレス(デニーズ多摩堤通り店)
  • 距離     200km
  • 制限時間   13時間30分
  • コース概要  二子玉川~国立~羽村~岩倉温泉~名栗〜山伏峠〜秩父
           〜定峰峠〜東秩父〜松郷峠〜毛呂〜飯能〜青梅〜羽村〜国立〜鎌田
  • 獲得標高   約1700m(ルートラボによる推定:難易度★)コース修正にともない100mほど追加

    登坂力がさほど無くても完走できるように難易度設定をしているので、初めてブルベにご参加される方でも比較的チャレンジしやすいコースです。
    走力が高い方には物足りないコースかもしれませんが、観光・寄り道スポットなどをご自身で発見していただければ楽しめるでしょう。
    他主催クラブのブルベに比べればかなりマイルドなコースですが、長距離ツーリングの経験等は当然必要です。
    自己完結できるサイクリスト以外のご参加はお断りします。

    スタートからしばらくは多摩川沿いの側道を迂回するように進みます。
    なるべく信号ストップによるロスの無い道を選んではいますが、多少移動時間がかかる箇所もあります。
    平坦で25km/h程度の移動速度で進んだ場合でも、十分PC1まで時間の余裕を持って到着できることを確認しています。
    交通法規を守って安全に走行されるようお願いします。(信号無視は失格となります。ご注意下さい。)


    斜度がきつい上りは名栗から秩父(横瀬)へ抜けるための山伏峠があります。
    途中10%以上のところもありますが、脚を削られないようにローギアでゆっくり上れば大丈夫なはず。



    山伏峠を越えると、正丸トンネルの向こう側を目指して下って行きます。(正丸峠へは上りません、ミスコース注意)

    R299へ合流してから芦ヶ久保までの下りは片側一車線でセンターラインにポールが設置されているので、後方からの追い越し車両に注意が必要です。



    大型トラックなどが後ろから来ている場合は、なるべく安全に抜いてもらえるよう自分で考えて対処してください。
    安全な場所で後方へ合図をしてから一旦停止することも有効です。

    秩父から東秩父へ抜ける定峰峠は4〜5%程度のゆるやかな坂で、奥武蔵GL(グリーンライン)の尾根へ出るには一番緩いアプローチです。
    東秩父では、通過チェックとして東秩父村・和紙の里を予定しています。


    ※通過チェックとは通過時間のオープン・クローズが無い無人チェックポイントとなります。売店でお土産物などを買ってレシートが必要となります。
     時間に余裕がありすぎる方は、ここで紙漉き和紙体験も出来たりするようです。





    小川町からは峠へ迂回せずK30を走って越生、毛呂、高麗川と抜けて飯能へつなぎます。
    2012年の定峰200では、小川町経由でK30を通るコースでしたが、土曜日のK30道路事情を考慮して、
    松郷峠経由に切り替えます。若干のアップダウンがありますが、小川町付近のK30より走行しやすいと思います。
    コース修正に伴い、獲得標高が約100mほど増えます。

    都市部で安全上の理由から一部迂回ルートを走るところや、信号待ちなどで多少時間がかかるところもありますが、
    キューシートで指定されたルートを必ず通るようにしてください。
  • 注意事項
  1. 尾灯の点滅は全面禁止
    点滅ではなく点灯にして下さい、後続のライダーが幻惑し迷惑になりさらに危険です。
    尾灯は車体フレームに十分固定されていることを確認してください。
    車検時に不適合が出ないために。
  2. 反射ベスト着用必須、事前にご準備ください。
  3. 歩道走行は原則禁止(自己判断で交通状況により安全確保のため自転車走行可の歩道を使用することは可能:橋の通行など)
    (事故発生時過失相殺がなく全面的に責任を負うことになります)
    二段階右折励行、交通ルールを遵守。
  4. 交通量の多い時間帯の市街地では、危険を伴う走行はしないでください。
  5. 多摩川沿いの土手(通称:多摩サイ)の走行は危険防止の為禁止します。万一走行された場合は失格とします。
  6. 積雪、荒天の際は、中止する場合もあります。参加費の返還や振替はありません。ご了承願います。
  7. エントリーされる前に、「BRM参加要領(必読)」をお読み下さい。
  8. DHバー、TTバーなど延長ハンドルの使用は禁止します。装着した状態では出走できません。

概要マップ (概要マップはあくまでも概要です。コースは一部変更されることもあります。)




キューシート

キューシートは春のものをベースに微修正を行ってから公開します。コース自体の変更はありません。

このページの一番下に、xls(エクセル形式)とpdf形式の2種類で公開しています。
2013BRM1005_Sadamine200_V1_3 (2013/9/23 Ver.1.3)

ファイルの行の一番右側にある ↓ボタンを押すとファイルとしてダウンロードすることができます。
各自使いやすいように加工するなど工夫してご利用願います。

なお、スタッフ試走後に一部修正が入る可能性があり、最終版は開催日3日前頃に更新がかかることもあります。
コマ図などをご自分で用意される方はご注意下さい。

※軽微な誤字などについては修正しません。ご質問のある方は当日ブリーフィングで最終確認下さい。

使い慣れた地図を使って必ず事前予習して下さい。初見では走ることが難しい箇所もあります。
キューシートの距離(積算、区間とも)には誤差が生じます。予めご了承下さい。

参考ルートラボ情報(改訂される事もありますのでご注意下さい)
Start〜PC1        http://yahoo.jp/W7Bfo4
PC1〜PC2        http://yahoo.jp/1nYzni
PC2〜通過チェック〜PC3 http://yahoo.jp/XqY1Tl
PC3〜Finish〜ゴール受付 http://yahoo.jp/_VAbJr
※)ゴール受付は、Finishのコンビニで行います。デニーズではありません。(2013/9/23変更)


ブルベではキューシートの経路に沿って走ることが認定を受けるには必要となります。
万一通行止めなど通行できない箇所が出てきた場合は、適切な迂回路を自分で探して次のポイント(通過点)までつなぎます。
それ以外の場合はBRM規則に基づき、ミスコースや立ち寄りで経路から外れた場合は外れた場所まで戻ってきての走行再開が必要です。
(ショートカットは失格となります)

例外として主催者から指示のあった場合は、迂回路を走ることが可能となります。
参加者個人の判断で正規ルートから迂回する場合は、この迂回ルートを走って下さい。

例外事項1(新奥多摩街道の迂回)
前回の春の定峰200において「新奥多摩街道が苦手」という方が多少いらっしゃったようです。
通過時間、天候などで交通量は大きく異なります。

今回の定峰200においては、5時スタートの往路では問題になるとは思えませんが、
6:30スタート組などで新奥多摩街道の通過が遅くなる場合は、多少影響があるかもしれません。

個人の判断で以下の迂回ルートを通行することを可とします。
昨年2012年の定峰200の往路・迂回コースと同様。
西上州300でもこの迂回路を設定したのでルートラボは西上州300の時のものを参考までに提示します。

BRM615迂回ルート(往路) - ルートラボ - LatLongLab http://yahoo.jp/0XR15N
No.21「みのわ通り入口」Sから立川駅の方を迂回して、No.23「宮沢」で正規ルートとクロス、
No.26「鍋ヶ谷戸」手前の「内出交番前」Sのひとつ前の信号から正規ルートへ復帰します。
ルートの提供はルートラボのみ。正規ルート10.0kmのところ、11.6kmとなります。

復路についても同様の迂回ルートの走行を可とします。
BRM615迂回ルート(復路) - ルートラボ - LatLongLab http://yahoo.jp/ztsEGj
No.81「鍋ヶ谷戸」Sの先、「内出交番前」Sのひとつ先の信号から迂回ルートへ入ります。
No.84「宮沢」Sで正規ルートとクロス、立川駅の方を迂回してNo.86「みのわ通り入口」Sから正規ルートへ復帰します。
ルートの提供はルートラボのみ。正規ルート10.0kmのところ、11.6kmとなります。


スタッフ試走レポート(参考:春の定峰200の試走:各個人のブログなどへのリンクとなります。秋の試走レポートは未掲載)
スタッフならびに本番当日ボランティアスタッフとして活動される方が事前に試走しています。
曜日や天候など異なるところもありますが、参考としてご活用下さい。

4月4日(木)試走:R東京スタッフによるレポート: http://brm.blog.so-net.ne.jp/2013-04-05
主催担当スタッフ2名による試走です。当日の天候は晴れ、朝のスタート時に肌寒かったもの、それ以外は日差しが強く暑さを感じたほど。
風が回った日で、午前中は北西寄り(向かい風)、お昼過ぎ(秩父〜小川町)は東より(向かい風)、飯能からゴールは南寄り(向かい風)という1日。


4月7日(日)試走:当日スタッフによるレポート: http://mojakichi0624.blogspot.jp/2013/04/brm413200.html
当日ゴール番などでお手伝いいただく、ボランティア当日スタッフの方による試走レポートです。
迷いやすいポイントの解説と写真、また、危険箇所(越生高校北Sの先のキャッツアイ)の写真も掲載されています。


当日必要なもの

  • 署名、捺印を行った参加同意書
    参加同意書(正式には「責任・リスクの負担、および補償の免除と権利放棄書」)は事前に熟読し内容を確認してから署名、捺印願います。
    装備品チェックの自己申告欄も付加されていますので、そちらもあわせてご記入下さい。
    権利放棄書(誓約書)ページの下に添付ファイルとしてpdf形式で公開しています。
    ※呼び方が複数ありますが、「同意書」、「誓約書」、「権利放棄書」は全て同じ用紙を指しています。(2013/4/12追記)
     pdfファイルで提供されるものをご自分でダウンロード、印刷してご用意下さい。
     装備品の事前チェックは、自己申告で□に✓マークを記入しておいて下さい。
     参加BRM名: BRM413 東京 200km 定峰
     番号   : エントリーリストにあるご自分の「出走No.」(A01とかB01というもの)を記入

  • BRM規定に基づいた装備
    • 自転車(事前にご自身または自転車店などで整備してお越し下さい。日本の公道で使用可能なもの。)
    • 前照灯(常時点灯ができる前照灯を確実に車体に固定して下さい。予備の前照灯装備を推奨)
    • 尾灯(常時点灯ができる尾灯を確実に車体に固定して下さい。クリップ留めは不可。点滅モード不可:ローカルルール
    • ベル
    • ヘルメット
    • 反射ベスト(反射タスキは反射材の面積が狭く裏返ると反射しないため不可:ローカルルール)
  • キューシート
  • ヘルメット・ヘッドランプ(推奨)
    サイコン、キューシートの確認のためにヘッドランプがあった方が良い時間帯も走行します。
  • ブルベカードとレシートを入れるためのカードケース(推奨)、またはジップロックなど密閉できるビニール袋(推奨)
    100円ショップなどで売られているハガキサイズぐらいの首から提げるカードケースが便利です。
    ブルベカードやレシートを濡らしたり、紛失したりしないようにするためにご注意下さい。
  • 緊急連絡先カード(推奨)
    書式は特にありませんが、ブルベカードなどと一緒に緊急連絡先を記入したカードを携帯しておくことを推奨します。
    氏名、住所、緊急連絡先(ご家族など連絡が取れる近親者)電話番号、血液型、など。
    公開されている一般的な物として、シマノがイベント以外でも使用できるものとして携帯を呼びかけているものなどもあります。
    各自の判断で必要な情報を記入した緊急連絡先カードを携帯して下さい。
    (参考リンク)以下のリンクは参考の為に紹介するものであり、青葉とは直接関係はありません。


当日スケジュール

5:30スタート組と6:30スタート組では1時間時間が異なります。
以下は5:30スタート組の時間です。6:30スタート組は1時間時間を後ろにずらして読み替えて下さい。

4:30 受付開始
参加同意書を提出の上、受付のチェックをしていただきます。
ブルベカードを受け取り、必要事項について記入していただきます。
ブリーフィング、車検を随時行う予定です。
(BRM規定、本BRMのローカル規定に沿った装備品のチェックのみ、自転車の整備状態についてはスタッフは確認できません)

各自準備が整い次第、個別にスタートしていただきます。
車検時間によってウェーブ番号(または車検時間の記録)を付与します。各自オープン・クローズに差分を±して管理して下さい。
例)W0:5:30スタート扱い、W1:5:40スタート扱い、W3:5:50スタート扱いなど、現地でスタッフからの説明を確認すること。

スタート地点のすぐ近くにはコンビニはありません。食料、水など補給が必要な方はスタート地点にお越しになる前に各自調達下さい。
河川敷公園内にトイレは何カ所かあります。雨天の場合は軒先がある場所など、若干移動する場合があります。
  場所 オープン クローズ 備考
 受付 二子玉川・多摩川兵庫島公園付近 4:30 5:00 公園内トイレ有
 ブリーフィング 同上 5:00  
 車検(装備品のチェック) 同上 5:15  
 スタート 同上 5:30
 6:00 受付順で割り当てられたウェーブ番号順にスタート
 PC1 ファミリーマート海田岩蔵街道店 6:49 8:45 要レシート
 PC2 セブンイレブン秩父宮地店 8:05 11:22 要レシート
 通過チェック 東秩父村和紙の里 なし なし 要レシート(時刻不問)
 PC3 セブンイレブン青梅日立前店 10:22 16:10 要レシート
 フィニッシュ ファミリーマート天神森橋店 11:23 19:00 要レシート
 受付(ブルベカード提出) 同上
  20:00頃 受付場所変更注意

PCおよびフィニッシュとして設けられているコンビニエンスストアでは、何か買い物をしてレシートを貰って下さい。
レシート時刻をもって通過時間の確認を行います。
ブルベカードとレシートはフィニッシュ受付で提出されるまで濡らしたり紛失しないように取り扱いに注意して下さい。
(ブルベカードおよびレシート紛失は失格となります。完走としては認定しません。)
PCでは通過チェック用にレシートを貰う事が必要となりますが、それ以外のコンビニで補給を各自取っていただいて構いません。
約100名近い多くの参加者が一カ所で補給、休憩を行うことは、食料の確保、トイレ、休憩スペースなどを考えて現実的ではありません。
各自、事前に地図などで補給可能ポイントを確認された上で、いくつか候補を持っておくことをお勧めします。

フィニッシュは、ファミリーマート天神森橋店となります。
店内で何か買い物をしてレシートを貰って下さい。
このレシート時刻が19:00までを完走として認定します。各自買い物をしてレシートを受領して下さい。
ブルベカードの提出など受付は、ファミリーマートで行う予定です。デニーズ多摩堤通り店ではありません。
必ずスタッフによるレシートチェックを受けて下さい。
(完走のメダル希望の方は、1000円をお釣りの無いようにご用意下さい)
周辺への迷惑行為の無いよう、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いします。


参加費

  • AJ会員  800円
  • 一般   2300円(スポット保険料を含む)

エントリー

 専用のエントリーフォーム(申込み受付時のみ公開)よりお申し込み下さい。
 定員:120名(スタート時間別で各60名が上限)
 申込み期間:2013年8月5日〜2013年8月9日
       ※定員に達した場合は手動でエントリーフォームを非公開に切り替えます。

保険

ブルベの参加には、定められた保険加入が必要となります。
 2013年AJ会員の方は、AJ会員として加入している保険が自動的に適用されます。
 一般の方は、主催者側で、AJを経由してスポット保険に加入しています。(スポット保険料は参加費に含まれます)

 保険の詳細は、AJページを参照下さい。

 また、万一の際は、そこに記載されている連絡先(窓口)と、念のため当該ブルベの主催者までご連絡下さい。

担当者/連絡先

 エントリー済の方で当日出走できない方は、分かり次第なるべく早めにご連絡下さい。
 当日の朝でもメールは確認できる体制を取りますが、体調不良など緊急でのDNS以外はなるべく前日以前にご連絡下さい。

DNSの場合は、フォームを利用してご連絡下さい。
DNS連絡受付フォームを公開しますので、DNSされる方は必ず以下の「DNS連絡フォーム」から連絡願います。
DNSは参加者の権利です。理由の如何はとわずDNS可能です。
仕事都合など、前もって決まっているDNSは分かり次第なるべくお早めにご連絡下さい。
(参考までにDNS理由をご回答下さい。今後の運営の参考にさせていただきます。)

フォームから、出走番号、氏名(漢字)、氏名(カナ)、等を入力してご連絡下さい。
「送信」(submit)を押すと記入内容を自動返信メールで送り返します。

個別のメール連絡の場合、担当者が受付確認の返信メール対応ができませんので、
なるべくこの連絡フォームを利用するようにお願いします。
環境の問題などでこのフォームが使えない場合に限って、個別メールで受付します。

DNS連絡フォーム(2013/8/14公開)

 当日、出走した後の連絡先についてはブルベカードに記載してあります。
 万一その電話番号・メールアドレスへ連絡が取れない場合は、以下の連絡先をご利用下さい。

担当者: 大谷、木宮
連絡先: brm1005@rtyo.org

Ċ
Pika Randonnee Tokyo,
2013/09/22 19:09
Ĉ
Pika Randonnee Tokyo,
2013/09/22 19:09
Ċ
Pika Randonnee Tokyo,
2013/10/02 7:00
Ĉ
Pika Randonnee Tokyo,
2013/10/02 6:59
Comments